平成25年度行政書士試験合格者 受験番号2540598
M・K 様(東京都) 

合否通知書

【受験の動機】
   起業または独立して長く続けられること、これまでに培った人間関係を活かしまたその方々のお役に立てる事、自分の経験や学んだ事を活かせる、興味を持って取り組める事などを考え行政書士を目指してみようと思いました。

【突破塾を選んだ理由】
   合格に向けて充分な内容、量の学習ができそうだと思いました。
   自宅で学習できること、何より自分のペースで進められる事。
   また DVD教材も検討したのですが、CD教材ですと、耳から聞いて、テキストを見ながら、必要事項を書き込んでいくことができ、集中できることに魅力を感じました。
   CD2回目からは早送りで聞いて進められるのもよかったです。

【各時期の学習】
   2012年の試験は、夏に急遽試験を受けようと思い立ち、とりあえず申し込み、市販のテキストと問題集を1冊ずつ購入して勉強しましたが、完全に知識不足の170点で不合格(実際はほとんど自信を持って解答できた問題がなかったです)。

   2013年5月より再度勉強を開始。今回は市販のテキストのみでは足りないと思い、突破塾を受講することにしました。

   学習期間 6ヶ月

5月中旬から7月中旬:通常速度でCDを聞きながら、テキストに必要事項を書き込む。 1度聞いた後見直しをして理解に努めました。
1科目テキスト終了毎に、過去問(過去問マスターDX 1・2)を解きました。

7月中旬〜:テキスト2回目 1.7倍速で聞きました。私には1.7倍速が聞きやすく、最後までこの倍速で学習しました。
憲法、民法、行政法に関しては、テキスト終了後に、過去問と公務員試験過去問クイックマスターも併用して問題を解きました。

8月中旬〜:記述式問題が到着しましたので、8月後半に記述式の学習に入りました。 8月末には、一般知識の教材も届いた順に学習を始めました。

9月〜:テキスト・CDは3回目、テキスト終了後は過去問とQMの間違えた問題を中心に復習しました。

10月〜:答練5回に参加、問題を解くペースになれ、また徐々に自信をつけていった時期になります。
10月からはCDはきかずにテキストと問題集の見直し、記述式の2回目、一般知識はかなりのボリュームがあったので毎日少しずつ頭にいれていくようにしました。

   最後1週間は、答練の見直しや、最後に暗記すべき事などを中心にまとめの学習をしました。

【突破塾講の活用法】
   テキストとCDは突破塾の講座を信じて、何度も読み込む、聞き込む、なにより理解することを大事にしました。

【他に使用した教材】
   行政書士受験六法
   公務員試験過去問クイックマスター(憲法・民法・行政法)
   行政書士 過去問マスターDX 1・2

【心がけたこと】
   法律を学ぶことは楽しい、興味のあることをやっていると思い込んで、半年間毎日、取り組むことを心がけました。

【試験当日】
   教室に入った瞬間の、机の配置や雰囲気が、心を落ち着かせるものがあり、6ヶ月間打ち込んだことを出し切ろうという気持ちになりました。

【試験結果】
   択一:194点、記述:40点 合計234点

【試験に合格して】
   独学のみでは6ヶ月間つらかったと思います。CD教材から聞こえる先生の声が一緒に勉強してくれているという気分にもなり頑張ることができました。
   突破塾さんとの出会いがあって良かったと思いました。ありがとうございました。

行政書士試験|合格体験記TOP
行政書士試験突破塾TOP