合格に向け一直線

行政書士試験突破塾とは

 行政書士試験合格を目指す皆様、こんにちは。
 行政書士試験突破塾は、行政書士試験対策を専門とする初のネット専業スクールとして、2000年8月中旬に開校しました。「従来の一般的な行政書士試験対策通信講座よりも一歩踏み込んだ内容まで講義することで多くの合格者を出す」という手法が皆様に支持され、真剣に合格を目指す皆様が集まった結果、小さな塾ながら多数の合格者・開業者を生み出して参りました。これもひとえに皆様方のご愛顧のお陰です。
 今後とも皆様の行政書士試験合格に直結する通信教育を続けて参ります。



  デジタルパンフレットはこちら↑

当塾の成り立ちと想い

 行政書士試験突破塾は、とっぱ講師をはじめとする大手法律系予備校の教材制作担当者の集まりです。各々が、実際の講義やテキスト作成等において、大手予備校でも中心的な役割を果たしてきた行政書士試験対策の専門家集団です。
 これまで培われた行政書士試験合格のノウハウを限られた方だけが享受できるのではなく、全国の皆様が知ることができるようホームページを作成し、また行政書士試験の難化傾向に適合したレベルの高い通信講座を低価格で提供することで、真に法律を使いこなせる人材を多数生み出し、社会に貢献したいと考えております。

当塾の指導方針

 行政書士試験突破塾では、「法律の勉強は理解をしてから記憶する」を基本方針としています。よくわからないまま丸暗記をすることは、行政書士試験対策としてはかえって遠回りになるということです。
 日本の学校教育は暗記中心なため、「勉強イコール暗記」というイメージがあります。法律の勉強についても、「六法を全部暗記するのではないか」といった誤解があります。しかし、現実に行政書士試験などの法律系資格で要求されているのは最低限の知識と応用力です。このことは、実際に行政書士試験を受験された方は痛感されていると思います。過去問やテキストを丸暗記しても、近時の行政書士試験の合格点にはなかなか届かないと思います。それは、行政書士試験においても、過去問などの知識が問われ方を変えて、根本にある理論の理解を試すべく出題されているからです。実際には同じことが問われているのに、それに気付かずにまた新しい知識として覚えていたのでは、何年かかっても行政書士試験の合格は難しいでしょう。しかし、その法律は何を定めているのか、その制度は具体的にはどういうものなのかといった事項を一つ一つしっかり理解していれば、無理な暗記をしなくても行政書士試験に合格できます。このように、学校教育での勉強と、法律の勉強が少し違うということを意識することは行政書士試験対策の第一歩です。
 ただ、「理解してから暗記する」というと、行政書士試験の合格までに時間がかかるのではないかという質問をよく受けます。たしかに、いきなり覚えていくのに比べると最初は理解に時間がかかります。しかし、一度理解してしまえば、理解したことは忘れにくいですから、あとの暗記が非常に楽になり、かえって行政書士試験合格までのトータルの学習時間は短くなると思います。
 さらに、教材作成の基本方針といたしましては、「最近の行政書士試験の難化傾向にしっかり対応すること」を心がけています。行政書士試験は90年代後半から毎年少しずつ難化傾向にありますが、当塾はそのことを正面から受け止め、より充実した、行政書士試験の難化に先回りした対策の必要性を説いてきました。最近の行政書士試験は、憲法・民法・行政法では、一歩突っ込んだ理解を問われ、また、行政法規(行政○○法)や地方自治法、商法総則等についても細かい知識が問われ、多くの予備校や通信教育の対策では(その予備校・通信教育がいかに美辞麗句を並べていても)対応が難しくなっています。当塾では、これらにも対応するべく、今日では合格の条件として業界内の常識となってきた「100時間を超える講義」を早くから実施してきました。
 また、問題演習についても、行政書士の過去問と予備校の問題集では不十分なため、公務員の問題集等も推奨し、それらの質問も受け付けるという体制をとっています。テキストと講義も一歩深いところまで教えていますので、公務員の問題集等と組み合わせて使うことで、難化した行政書士試験問題に対抗できる実力を養成できると思います。
 こうした、行政書士試験の難化傾向に立ち向かう対策を指導していくことで、実際、これまでにも非常に高い合格実績を実現しております。行政書士試験の合格率が5%以下に低迷した年でも、熱心に受講された方の約半数が合格するといった実績を実現しております。
 当塾通信講座出身の合格者は、すでに行政書士として開業された方も多く(→行政書士開業者のリンク集)、また、司法書士になった方や、法科大学院に進学した方もいらっしゃいます。当塾で一歩深いところまで学んだ知識は、行政書士の開業その他各方面に進んだときにも大変役立っていると喜ばれております。今後も、高い合格率を維持するべく講座の研究を進めてまいりますので、よろしくお願いいたします。

行政書士試験のスタッフ紹介

 講師・教材制作スタッフのすべてを第一線で活躍してきた人材によって構成しております。全員が国立大学法学部卒で、かつ司法試験短答式合格者、さらに、行政書士試験に高得点で合格した者です。

先生とっぱ先生…行政書士試験・公務員試験講師。政策系シンクタンク研究員。週に数回、大手予備校や大学(非常勤)の教壇に立つ。東京都出身で大学院修士課程修了(専門は行政法)。年齢は40代中盤。どんな質問にもやさしく答えてくれることでも有名。某大手予備校の受講生アンケートに基づく年間総合評価で、最高評価をもらっている。


眠太郎…元大手司法試験予備校教務スタッフ。いつも眠そうだが、講座を作成させたら天下一品?!


お手伝いのグン…ぐうたらで動きが鈍いが、法律論を語らせたら鋭い上にわかりやすい。ある県の行政書士会役員もつとめる。


お手伝いのクー…仕事が速いちゃきちゃき娘。大学院の研究センター研究員で、一般知識等も得意。数多くの本試験的中歴を持つ。


私たちスタッフが皆様の行政書士試験合格を後押しいたします。今後ともよろしくお願いいたします。